その噂は、遡ること90年代末頃から囁かれ出していた…
『悪名』 『続悪名』 等に参加し、90年代中頃のシーンを席巻していた
"NAKED ARTZ" のテクニシャンMC=MILI<ミリ>と、日本が誇るクラブセレブ "モンド・グロッソ" のMC=B-BANDJ<ビー・バンジー>が手を組み、
生音を導入したセットでハイブリッドなHIPHOPを展開している、と。
その ~噂のセッション~ を構成していた中心メンバーが、関西を中心に人気を博すDJ集団 "BEAT TRICKS" の一員でもあるDJ SUWAと、"ALMAKKA" 、 "NAKED TRACK" のトラック・メイカー/ドラマーとして京都クラブ・シーンにおいて頭角を表わしていたM.FUJITANIであった。
当時、三重県でDJ SUWAがセッションを中心として展開していたイベントに、MCの2人は東京から足繁く通い、現在の礎を築いていく。
後に、クラブ [the Room(渋谷)] でも開催された、そのイベントタイトルこそが "瘋癲" であり、この4人のユニット名となる。

この頃、関西エリアと、東京を行き来しつつ展開された渾身のライブは即評判となり、その後のキャリアへと直結していった。
名門JAZZレーベル [BLUE NOTE] のコンピレーションアルバムへの参加や、MILIのソロアルバム等、様々な活動を経て、
各々が "瘋癲" としての活動に重きを置くようになった頃、 [SUPREME WORKS] から初の自身名義のシングルを2枚リリース。
そして、2003年5月、 [Next Level Recordings.] より待望の1st.フルアルバム 『MUSIC IS _EXPRESSION』をリリース。
同作はHIPHOP専門誌 [blast] の年間アワードでベスHIPHOPアルバム4位、ベストHIPHOPグループでも4位を記録。
「国内のグループ」といった括りではどちらも最上位(1位)であった。
更にこの年のHIPHOP AWARDに軒並みその高い音楽性が評価され、雑誌 [Riddem]、[samurai magazine] 等で多くの入賞を果たした。

しかしこの年の秋、「トラック・メイカー」「ドラマー」で、音源制作においては、Rec.~Mix~MAまでのエンジニアリングをも担当し、瘋癲の基地である、MASSIVE STUDIO KYOTOを所有していたキーマン、M.FUJITANIの交通事故による急逝という、大きな悲しみを経験することとなった。

2006年1月にはHIPHOP業界では初の試みな内容でDVDを発売。
2枚目のフルアルバム "FLIP HOP" は新たな "瘋癲" として「アイツ」の分まで「気張っていくで!」という決意表明とも言えるのではないだろうか。





タイトル:PIECES OF TIMES(時間の断片)

NEXT LEVEL RECORDINGS./FILE RECORDS
NLCD-072
定価¥2,730
2006.09.28 NOW ON SALE!

GURO(Gt.)が正式にメンバー加入!!!
世界中で起きている様々な瞬間から生まれる、時間の断片。
その断片を組み合わせた、彼らの世界観から見るアルバムがここに完成!!!


-EVENT-



[ログイン]